千葉で行う葬式の風習

千葉で行う葬式の風習

main-img

葬式はその土地土地で異なる風習やマナーがあるが、千葉県で行われる場合も大都市圏やその他の地域とは異なる風習やマナーがあります。

千葉で葬式がとても人気であることがわかります。

例えば東京都などの都心部では葬儀後に火葬を行う後火葬が一般的だが、館山市や九十九里町などの房総地方では葬儀前に火葬をする前火葬が一般的です。また、千葉県の匝瑳市周辺では同じ前火葬でも通夜の前に火葬を行うが、これらの前火葬の場合には葬儀や告別式のすぐ後に納骨を行いま。



このように千葉県では地域によって葬式の行い方が異なるが、中には葬式を助け合う隣組などの近隣組織が発達している地域もあって、受け付けや会計を手伝う風習があります。
手伝いを行う組織は葬儀の準備やお寺との連絡なども手伝うが、地域によっては通夜の際に「念仏講」も行います。



また、納骨の際には「四本旗」と呼ばれる4本の丈に麻紐で5色の折り紙を飾った埋葬品の準備なども手伝います。

さらに千葉県の中には「長寿銭」と呼ばれる風習がある地域もあって、これは紅白の紐を通した5円玉を入れたポチ袋を長寿を全うした個人の葬式で会葬礼状とともに配ることで、配られるポチ袋には紅白の水引が印刷されていて「長寿」と書かれています。

この「長寿銭」を持ち帰ると個人にあやかって長生きできると言われていて、他の地域でも「撒き銭」と呼ばれる風習で行われることがあります。

加えて葬式組の「年寄り講」と呼ばれる高齢者たちが太鼓を叩いて、僧侶と遺族がお題目を唱える風習がある地域もあって、このとき遺族は「志」と書かれ100円玉が入れられた袋を「年寄り講」に配ります。このように千葉県では他の地域とは異なる風習があるので、それぞれの地域の習わしを理解して執り行う必要があります。

初心者向き千葉の葬式

subpage1

千葉でお葬式をあげたいと考えている人もいるでしょうが、千葉でお葬式をあげる場合は葬儀会社探しがとても難しいです。お葬式がうまくいくかは葬儀会社次第と言っても過言ではありません。...

more

千葉の葬式を身に付けよう

subpage2

亡くなった方が千葉県在住の場合には、そのエリア内で葬式をあげるという方がほとんどですが、業者をどうするかによって料金が大きく変わってきます。故人が生前経済力がありかなりの遺産を残している場合には、盛大な葬儀をとり行うこともできますが、そうでない場合には如何にして葬儀費用を節約するかが課題になります。...

more

難しくない千葉の葬式

subpage3

千葉で葬式について考えている場合、何をチェックしたらいいのでしょうか。例えば注目すべきポイントの1つに、料金の問題があげられます。...

more

柏の葬儀関係の情報

subpage4

高齢化社会なった今、多くの世帯が関心を持っているのが葬儀の事です。柏市内でも葬儀社はいくつもあり、いつ迎える終焉の時のことを考えて今から下準備をしている世帯もあります。...

more