給与ソフトを導入すると三つのメリットがあります。

一つ目は、法令に準拠したシステムを使うことができるということです。法令に沿うことに重点が置かれており、労働基準法にのっとった有給管理や料率改定に対応した社会保険処理を行うことを可能にするなど、安心して使うことができる機能であるからなのです。二つ目は、管理業務を支援することができるということです。様々な業務形態や独自の給与規定に対応することが可能な情報管理や計算機能などがたくさん入っていて、管理業務の生産性をあげることに貢献してくれるからです。

三つめは、リスクマネジメントを行うことができることです。就業規則や労働観関連法などの規則にのっとった形で労務管理の徹底を助けてくれる機能があるため、人が作業することによる間違いなどに対するリスクを取る必要がなくなるのです。給与ソフトは年末調整を自社で行っているため時間がかかって困る、在宅の勤務者に明細書をメールで送りたい、従業員ごとに手当や控除を自動計算したいなどといったその会社ごとのニーズに応えてくれるのです。

給与ソフトは年末調整機能や明細のメール送信などの機能があり、また、賃金台帳や支給控除一覧などといった各種集計表も作成することができ、社会保険料控除や所得税も自動で計算され、法改正や制度改正にもその都度変更がされているので、信頼して使うことができるのです。そして、作業の効率化を実現してくれるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *