給与ソフトと聞くと、給与の管理をするソフトだと想像することができます。

給与の計算はもちろん、賞与の計算も行い、給与を従業員に知らせるための明細書の出力、税金や保険料の管理などもこのソフトを使って行っていきます。給与ソフトを使って給与を算出するには、まず従業員の勤怠状況のデータが必要になります。この月に何日働いたか、何日休んだか、有休を利用したか、そういった情報をもとに給与情報の処理や明細書の出力を行います。

給与や賞与の処理のほかに、月次業務では定例業務として、社会保険に対する月額の変更処理や予定者確認、労働保険に対する年次更新、還付金処理や源泉徴収票の発行などの年末調整に関する処理も行います。これらの処理を経て、給与の情報が従業員の情報に登録されるのです。給与ソフトが管理する資料には、次のようなものがあります。給与の支払いに関しては、勤怠や有休消化に関するデータ、支払う際の銀行振り込み一覧、住民税に関するデータを参照します。また、給与の算出の基準になる算定基礎賃金の内訳、年末調整や過不足税額に関する一覧表なども管理されています。

給与に関する出力される資料は、外部のシステムからも連携して出力することができます。給与や賞与の明細書はもちろん、源泉徴収票や給与支払い報告書といった年間を通して重要な書類、給与の改定を知らせる通知書、情報の変更などがあった場合に届け出をする必要がある書類などに関しても、外部システムを通して出力することができ、給与ソフトを中心に操作することが可能になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *