システムではさまざまなデータを作成します。

また、外部からさまざまなフォーマットでデータがやってきます。どちらの場合もデータを加工し、適切に配置してファイルに加工したり、データを転送する必要があります。それらのデータの相互変換は個別に対応することが多かったのですが、現在では汎用的に使えるオープンソースプロジェクトのライブラリが豊富になっています。とくにマイクロソフト社のOFFICE関連で作られた各種データを取りいれるためのライブラリに人気が集まっています。

システムでOFFICEのデータ、特にExcelのデータを取り込むには独自にライブラリを用意することが多かったのですが、オープンソースプロジェクトの成果物でシートごとにデータを適切に取り込むことができるようになってきています。ただし、VBAやマクロについては取り出せないことも多いようです。これまではCSVにいちいち変換してから取り込んでいたことを考えると格段にシステムがすっきりしますし、利用者にとっても工数が減ることになります。

また、出力についてもPDFやXMLにデータをすぐに加工して変換してくれる機能があるので便利に使えます。また、XMLの代わりにJSONを利用することが特にインターネット関連のサービスでは多いのですが、JSONについても各種ライブラリで対応していることが多く通常のテキストデータを扱うのと同じくらいの工数で利用できるようになっています

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *