社内システムでのインターネット技術の利用が進んでいます。

社内システムと言えば専用アプリケーションを思い浮かべる方が多いですが、現在では専用アプリケーションでもインターネット上のプロジェクトを利用する場合が増えています。特に社内システムで利用されることが多いのがWEBの技術です。WEBは多くのpcからすぐにアクセスすることができ、利用者側にとっても親和性が高く、また、スマートフォン対応なども比較的楽にできることから社内システム開発でも率先して利用されることが多いようです。

WEBの技術のうち、もっとも利用が多いのがアパッチなどのサーバアプリケーションです。アパッチはオープンソースであり、ライセンス上も企業での利用も自由になっていること、また、追加モジュールの作成が比較的カンタンなこともあり使い勝手の良いプロジェクトです。自社サーバで運用もできますし、クラウドサービスとの親和性もとても高いです。

各システムで利用される場合はWEBサーバとしての機能の他にさまざまなカスタマイズ機能をモジュールとして追加することで完成させることが多いようです。また、データベースとの連携も簡単なので住所録や会計など企業内で使うあらゆるプロジェクトで利用できる自由度があります。また、セキュリティ関連などの更新についても世界中のプログラマが日夜開発を行っているので対応が早く、また、組み込みもモジュール単位であることが多いので対応し易いメリットもあります

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *