テストはさまざまな形式や場合分けの深さ、ダミーデータの利用方法があります。

テストをする人員によって差がとても大きな点も見逃せないポイントです。そのため、システム開発においては予め、テスト自体も仕様書に盛り込み、ダミデータの配布やディシジョナルテーブルの順守を求めることが増えています。システム開発で利用されるテストには大きく分けて4つあります。単体テストはUnitTestとも呼ばれ、コーディングが終わった段階でプログラマによって行なわれることが多いです。

単体テストでは主に仕様が実現されているかを確認し、入力されたデータや出力されるデータが適切に処理されているかをチェックします。仕様書通りに作られていることが最優先されますが、仕様上のミスを発見した場合には早急に使用変更や対処方法を検討する作業が行なわれ、再度テストが行われます。単体テストはエラーが無くなるまで行なわれます。その後、機能毎にコーディングが終わった段階で結合テスト、Jointtestが行なわれます。

結合テストでは仕様通りの機能が実現されているかをチェックします。また、各モジュールが適切に稼働しているかもチェックされます。そのご、機能がすべて揃ったらシステムテストが行なわれます。システムテストでは機能のテストも行なわれますが、全体のパフォーマンスチェックも行なわれます。この段階では実運用に耐える環境かもチェックされ、不備があればコーディングから見直しが行われます

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *