今、世間では一般の会社などでも給与体系の日払いシステムを導入している所が増加傾向にあるようです。

日払いというと短期のアルバイトなどでの給与体系で用いられることが多いですが、正社員雇用体系の社員の際の日払いシステムはどういったものになるのでしょうか。正社員における給与の日払いシステムは、従業員側から申し出があり、それを経営者側が認めた場合に成立するという会社が多いです。具体的には、月給の内から任意の数日分の給与を支払いしてもらうことができる、いわば前借りのような形をとっています。

この際には勤怠管理システムを提供するアウトソーシング等の業者が間に入り、日払いシステムを可能にしている体制が整っていることが条件になります。このシステムの従業員側のメリットは、急な出費にも対応しやすくなるという点です。給料日まで待っていてはお金が足りず、消費者金融などでお金を借りなければいけないなどといったことを防ぐことができるという大きなメリットがあります。

ただ、このシステムを利用すると、数パーセント程度の手数料がとられるということと、あまり頻繁に利用すると査定に響く可能性があるというデメリットも含んでいます。一方、経営者側からすると、この会社はさまざまな支払体系に対応している先進的な会社だというイメージを宣伝することができるというメリットがあります。その一方で、給与日払いシステム導入のコストがかかってしまったり、個人情報の取り扱いなどにこれまで以上の注意を払わなくてはいけないというデメリットも存在します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *