給与の日払いシステムはよくアルバイトや派遣、現場で働く職人だと多いシステムで、1日働いてその場で給料を手渡しをします。

これを近年は正社員でも可能にするところもあって、月給制から日給制へと完全に移行しているわけではなく、月給から任意の日数分を前払いが出来る給料日よりも、先に一部だけ日払いで引き出せることです。この給与の日払いシステムだと会社によって6%前後の手数料がかかりますが、急に出費が必要になったときには便利です。会社のルールで前借りの限度額なども決めて、使いすぎで給料日に受け取る金額が少なすぎることがないようにしてます。

経営側と従業員の間で勤怠管理システムを提供する業者が入って、依頼した企業や業者の資金から前払いを可能としてます。給与の日払いシステムは、従業員からすると急に必用になったときにはメリットもあり、貯金から出したり消費者金融を利用するのも防げます。システムによってスマホで申し込めるところもあって手軽で、経営者側は既に働いてもらっている分を前払いしているだけなので持ち逃げトラブルなどのダメージも少ないです。

さらに福利厚生が高いとイメージも良くなり、人材確保もしやすく離職を防ぎやすいです。手数料がかかることがデメリットで前払いの数%はどうしても引かれてしまい、よく利用していると査定で良い印象を持たれないと気まずくなることもあります。経営側はシステムを導入するための初期費用や設定などの手間があります。スマホの操作があると個人情報流出の恐れなどもあってセキリュティ面でも注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *