給与の日払いシステムではトラブルも起きています。

基本的に、給料というのは月末締めで翌月の指定日払いになっている会社が多いです。例えば、5月末まで働いた分の給料は6月の20日に支払われるなど。毎月何日が給料の支払い日かは会社によってさまざまです。給与の日払いシステムを利用したい人というのは、よほど生活に困っている人となるでしょうね。なぜなら、システムの利用のための手数料がかかるなど、なにかと条件もついてくるからです。その条件を確認していないためにトラブルが起きることもあるので気を付けてください。

例えば、とある派遣会社では入社してから最初の2カ月だけしか日払いシステムを利用できないようになっていたとします。その条件を確認しておらず、2カ月目以降も日払いしてもらえると思いお金を使いすぎていると、生活ができなくなるでしょう。お金に困っている人向けの仕組みですが、入社してから2カ月程度経過したら生活が安定してくるとみなされてこのような制限がついているのかもしれません。

給与の日払いシステム利用のための手数料は3%~6%程度が相場ですが、場合によってはもっと高く設定されていることもあります。予想していたよりも高い手数料を引かれていたとしても、そういう契約だった場合には取り消しができません。前もってしっかりと条件を確認しておくことも大切ですよ。会社にとっても日払いシステムはあまりメリットがないので、よほど困っているとき以外は利用しないようにしておくのが無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *