従来の給与は会社で定められた期日に支払われるのが当たり前でしたが、日払いシステムの登場によりその常識は覆ろうとしています。

企業は従業員の勤怠情報を日払いシステムに登録し、月に1回精算を実施しその月の従業員の給与が決定します。従業員は専用アプリを使用して日払いの申請を行うことが可能で、それを受けた企業側が承認をすれば給料日の前に最短で即日で給与の一部を受け取ることができ、その金額を差し引いた分が通常の給料日に支払われるという仕組みです。申請した給与は日頃から利用している給与口座のほか、提携しているコンビニエンスストアのATMから24時間いつでも引き出すことが可能です。

企業側は定められた給料日の前に従業員から申請を受けても、日払いシステムが資金を立て替えてくれるのでキャッシュフローを圧迫することもありません。企業側は初期費用や月額利用料などは無料で、従業員がサービスを利用した際に数百円程度のシステム利用料や振り込み手数料を支払うことでサービスの運営が成り立っています。

このような日払いシステムを導入することにより、従業員は日々のお仕事の対価が早期に得られることからモチベーションがアップし、離職率の低下や定着率の向上を実現します。また、求人広告においても日払いシステムを導入していることをアピールすれば大きな訴求力となり広告費の費用対効果も高くなるなど、企業と従業員の双方にとってメリットのある方法として注目が集まっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *