給与計算において注意が必要な用語が、即日払いと日払いの違いです。

前者は文字通り仕事を終えたときに現金が手渡される契約ですが、後者は支払方法をいうのではなく、給与を計算する方法をいうのです。もっと具体的にわかりやすくするため週払いと比較してみましょう。1週間働いた場合に日払いは1日ごとに締め切って計算を行いますが、週払いは1週間で締め切り給与計算を行います。その違いですが、1ヶ月程度の業務があると見込める場合は週払いにしておくことで、欠勤があっても逐次締める必要がないので時間の節約ができます。

一方で短期の業務や日取りが一定しない業務のときなどは、1日ごとに計算したほうが後で混乱せず効果的です。実は日払いのメリットは給与計算する側ばかりではありません。受け取る側にとっても良い点があります。それは給与の前払いを受けたいときです。さまざまな出費がかさみ、会社に一部前払いを依頼する際に1日締めをしているならば、前日までの請求権はすでに発生しており実質において借りることになりません。

給料日に請求分が引かれるだけで、会社に債務を負うわけではないので後ろめたさがない心理的な面でもメリットでしょう。ただし、前払いに応じるかどうかは労働契約などによって特に定められてない限り、会社の意思によります。というのも毎月の支払日を決めている会社がほとんどで、その日以外に支払う義務は生じないためです。支払方法や計算方法など定義はさまざまです。用語の意味をよく理解すれば会社との誤解を減らせ円滑な関係を築けるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *