給与を日払い支払いする仕事につくといえば、昔は日雇いの仕事と言われ、随分貧しいイメージがつきまとっていました。

きちんと仕事をしない人たちと考えられたこともしばしばです。しかし最近では、日雇い派遣での仕事の口が皆の日常のごくありふれた所に目につきやすいまでに普及したりして、当たり前のようになっています。ちょっと前まではそうでもなかったのに、あっという間に価値観が変わったかのようです。これは、やはり人の生活におけるお金の状況が変わったからに他ならないのではないでしょうか。

まず学生に対して、昔の親がやったように今の親はお金の仕送りをしなくなりました。学生さんは貧乏という言葉の意味が違うのです。明らかに生活するのにちょっと足りないという状況で、そのままであると危機的です。でも、バイトをしようにも社会が不景気だからそれも仕事の保証があるとは限らず、単発の日雇いでも何でもいいから、臨時の給与支払いを受けられるものの必要性が高くなったのです。

また、学生を経ずに社会人になる場合、最初にきっちりした正社員入社が出来ればいいのですが、それも保証のない世の中です。それが出来なかったからと当人を責められるような社会では全くなくなりました。そこを目指して頑張ろうということであっても、そこまでのつなぎの仕事がいります。そういう時、日払いの給与のお仕事があるととてもありがたい状況だと思います。日払いは、昔でいう給与の前借りに近い形なのではないでしょうか。就職をする前段階での各人が持てるお金の量が足りなくなっているため、就職する前からもうどこかに前借りしたいような状態に陥るものと思われます。会社はもうそこを考慮してしまって、常に使うわけではなくても、日払いの仕組みだけは整えておくとよいのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *