日払いのお仕事に関して、「自分の予定に合わせ効率よく単発で仕事ができる」、「給料を当日に全額もらえる」という認識を持っている方は多いかもしれません。

しかし、実際には「日払い」=「当日中に給与を貰える」という訳ではなく、「働いたのに給与が支払われない」、「全額をもらえていない」という状況に遭遇してしまうことも少なくありませんので、日払の名目のもとで働く際にはそれらの意味を理解することが必要です。今回は日払に関するお給与お仕組みについて分かり易くご紹介します。まず多くの方が考える「日払」という言葉は「即日払」という言葉を意味します。

日払いに関しては、給与の締日が1日ごとになされるという形態のお仕事で、お給料の受け取りが必ずその日にできるわけではありません。喫緊で直ぐにお金が必要となった場合は、『即日払い』と記載のある契約のアルバイトをすることが良いかと思います。また、日払のお仕事について、お給料を受け取ったものの「時給で計算すると合計金額が減っている」というケースがあります。これは所得税という税分が引かれており、パターンとしては2通りが考えられます。

・雇用期間が2か月以上で1ヶ月の所得額が8万8、000円以上の場合・雇用期間が2か月以下でも日給が9、300円以上の場合このような条件下のもとでは給料から所得税10.21%という割合の金額がお給料から差し引かれますが、給料から所得税が引かれた場合は、年間の所得金額が確定した段階で税務署で確定申告すれば還付を受けられます。確定申告には源泉徴収票という所得の証明書が必要になりますが、「日払い」のお仕事に関しての給与の仕組みを理解していると最適なお仕事が見つかるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *