給与の日払いシステムとは、働いた分の賃金を1日単位で受け取れる仕組みのことです。

短期のバイトのほか、工事現場で働く作業員などにはごく普通のシステムで、今は正社員であっても過去に経験したことがあるという人もいるでしょう。ただ、今では正社員に対しても給与の日払いシステムを導入する会社が増えてきています。正社員の場合は一般的に月給制でしょうが、それを完全に日払い制に移行するということではなく、正確に言えば月給の一部を給料日前に受け取れるシステムということです。

このような給与日払いシステムのメリットは、従業員側から見れば明らかでしょう。給料日前でピンチなときに限って、急な飲み会の誘いとか冠婚葬祭、他にも電化製品が突然故障したなど、どうしてもお金が必要になることはあるものです。このような場合、たとえ一部でも給料日前にお金を受け取れるのはありがたいシステムでしょう。経営者側から見ると、従業員の福利厚生を充実させている会社ということで、会社の評判が上がるというメリットもあります。

一方、実際に受け取るためには多少なりとも手数料がかかることもあり、従業員の負担になるケースがあります。手数料を金利として捉えた場合、日払いシステムを利用するよりはそれこそ消費者金融でお金を借りたほうが実質的な負担は少ないというケースもあります。経営者にとっても、導入や運用のためにはある程度のコストがかかるのが普通で、これは負担になるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *