給与といえば、一部の日雇い雇用者を除けば毎月一定の期日に1か月分を支払う、いわゆる月払いシステムが一般的ですが、近年では日払いシステムを導入する企業が増えています。

といっても、日雇い雇用を増員しているというわけではありません。ここでいう日払いシステムとは、一種の福利厚生制度を意味します。福利厚生としての日払いシステムは、従業員からの申請があれば、定められた給料日の到来前であっても給与を支払うというものです。ただし前借りとは異なり、それまでに働いた日数分の給与相当額が上限となります。

その後、給料日が到来したら本来の支給額からすでに日払いした分を差し引いた額を支給します。このようなシステムがなぜ福利厚生制度と見なせるかというと、支給時期を前倒しするということが従業員の利益につながるからです。従業員が私生活上、何らかの理由で急な出費が必要になった場合、手許に資金がなければ消費者金融などから借入れを行うことも考えられます。

そうなると、利息の負担によって生活が困窮したり、仕事に身が入らなくなったりするおそれもあります。これに対して雇用主企業側が金銭的なサポートを行えば、安心して職務に専念できるようになります。また、今まで日給制の派遣社員を受け入れていた企業が直接雇用に切り替えると同時にこのシステムを導入すれば、日払いを望む人材を逃さずに確保できます。就労環境を維持しつつ、派遣会社に支払う中間マージンが不要になるので、コストダウンを図ることもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *