給与の前払いシステムを利用したことがある方も多いことと思います。

通常の給料日よりも早く、自身の望むタイミングで多ければ給与の半分を前借りのような形で前払いしてもらえるシステムのことです。このシステムを利用するメリットとしては、一月の給与の支払日を待ってられない事情がある人に対して大きいと言えます。例えば、今月の出費が嵩んでしまい、明日のご飯代が足りないと言った時や、急な支払いのある時などです。

特に出費が多く、小遣いの範囲でやりくりをしている学生などは、給与の前払いシステムを大いに利用することでしょう。世の中には日雇いや日払いのアルバイトも多く存在しますが、急な出費のために新しいバイトを探すことや面接を受けることは面倒で億劫なことです。しかし、前払いシステムを使えば、新しいバイト先を探すことなく今必要なお金を先にもらうことができます。

しかし、もちろんデメリットも存在します。給与は無限ではなく、前払いシステムであって増額システムではないので、前払いしてもらった分の給与は当然減ってしまうのです。給料日に、明細と振り込まれた額が一致しないため人によっては肩を落とすことになりかねません。

また、前払いしてもらったためにその月のお金が足りなくなってしまい、次の給料も前払いしてもらい、と悪循環に陥る可能性もあります。便利なシステムではありますが、程よく使用して自身の都合の良いようにコントロールすることが必要であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *