給与の前払いシステムとは、所定の給料日が来るよりも前に給料を受け取れるようにする仕組みのことです。

よくある方式としては会社が外部の委託先と連携してこのようなサービスを提供し、実際の給料支払いは委託先より行われることが普通です。従業員がサービスを利用した場合、会社は委託先に対して従業員に支払う予定であった給料相当額を後日支払って清算することになります。

ただ、従業員の立場からは、別に委託先の担当者から給料を手渡しで受け取るわけではなく、委託先が提供するアプリなどにアクセスして給料を自分の銀行口座に振り込んでもらうよう指定することになるのが普通でしょう。委託先にとっては、従業員に支払うなり振り込むなりした金額と全く同じだけの額を後で会社から受け取るだけでは当然1円の利益もなく、ビジネスとして成立しません。

そのため実際にはこの給与前払いシステムの利用料や手数料などを徴収することになります。会社がその費用の全額を負担する場合もあれば、1回1回の前払い請求に応じて手数料を従業員自信に負担させるような方式もあります。会社が負担するケースは、基本的には会社にとって必要性が高いと考えられる場合でしょう。

つまり従業員の満足度を上げ、求人に応募してくる人を増やすことが会社にとって必要と判断するようなケースです。一方でそこまで給与前払いシステムの必要性を会社としては感じていないという場合は、受益者負担ということで従業員に負担させることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *