給与の前払いシステムは、会社の給料計算のシステムと連携させることで、従業員自らがスマホやタブレット、パソコンからいつでも申請できるようになっているアプリケーションが多くなっています。

もちろんこのような給与前払いシステムのアプリケーション開発や運用にはそれなりの費用がかかっているはずで、例外的な事例を別にすれば無料で利用できるということは普通ありません。利用料としては、導入時の初期費用の他、月々一定額の利用料、あるいは1件ごとの定額あるいは定率での利用料などで構成されていることが多いようです。システムを導入する会社側からみれば、このような初期費用や利用料は安いに越したことはありません。

しかし安いものはそれだけアプリケーションの機能が限定されているとか、サポートが限られているなど使い勝手に問題があることもあります。サポートが十分でなければそれだけ社内の人間で対応しなければならないことも増えてしまうと予想され、トータルでみるとコストアップにつながってしまうかもしれません。

また、注意点として、給与前払いシステムの中には会社側の負担だけでなくシステムを実際に利用する従業員側に負担を求めるものもあります。前払いを1回申請するごとに例えば200円の手数料がかかるとか、前払いで申請した金額の例えば3%を手数料として引き落とすなどといったものです。このような場合は、納得の得られる範囲内かどうかも検討する必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *