給与前払いシステムには企業と従業員それぞれにとってメリットがあるものです。

このシステムではその会社が定めた支払い日前にお給料を受け取ることができます。前借りと言うと似た言葉があります。前払いは前借りとは全く違うものです。後者はまだ働いていない期間の分のお金を借金として受け取るといったものですが、前者は既に働いた期間の分のお金を支払い日前に受け取るということなので借金ではないです。給与前払いシステムが一般的なものになる前から、従業員がお給料を前払いしてもらえる権利は認められていましたが、それは疾病や災害などに限られていました。

今日では専門の業者に依頼すれば疾病や災害などでなくてもお給料を前払いしてもらうことができます。この給与前払いシステムにおける従業員にとってのメリットは、冠婚葬祭などにともなう急な出費があった時に金融機関から借金せずに済むことかもしれません。消費者金融を利用せずにその場を乗り切ることができたという声も多いです。企業にとっても色々なメリットがあります。

従業員の満足度が上がるでしょうし、離職を防ぐことにも繋がります。勤怠集計を正確にしなければならない、電子マネーは不可など注意点はあるものの、給与前払いシステムには様々なメリットがありますし、コストもそれほどかかりません。もちろんリスクも特にないです。近い将来、電子マネーも認められるかもしれません。ぜひ導入を考えてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *