給与前払いシステムは、会社と従業員の間に立って、給与の立て替え払いを行ってくれるサービスです。

立て替え払いといっても、借金ではなく従業員の労働対価の範囲内からですでに発生している給与分のみ支払うというものになります。この前払いシステムでは、会社の経理システムを変更する必要がなく、従業員としても支払いが約束されているものを前払いしてもらうことですから、借金にはならないメリットがあるものです。

サービスを利用する場合には、金額に応じて手数料が発生しますが、ローンサービスを利用するよりも安全ですし返済義務もありません。制度と導入している場合には従業員にとって便利なものとなります。前払いシステムを導入することは、臨時の出費に対応できるようにするほか、給与日を自由に設定することが出来るものです。

例えば金欠気味になる人であれば、月に2回の支払いにして後半に不足しないようにすることができますし、そもそも日払いにすることも可能です。会社側のメリットとしても、前払いを会社が行うわけではないので経理にかかる負担を軽減することができますし、福利厚生として機能させることもでき、求人の応募数の増加や離職率の低下などのメリットがあるものです。

また従業員が借金をすることを防ぐ効果もあります。もちろん、借金はちゃんと返済すれば問題ないものですが、返済できなければ良からぬ方向に進むリスクもあるもので、前払いシステムではこれらを防ぐこともできるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *