近年人気のお葬式が家族葬です。これは故人を心から偲び、じっくりとお見送りをしたいと願う家族や身近な親族、親しかった知人などのみで行う小さな葬儀です。かつて盛大に行われていた葬儀は、高齢化に伴い減ってきています。それは、会社を退職してから長い時間を経て亡くなる方が増えてきたことで、元々の同僚も高齢化していることや、すでに亡くなっていることなどから参列する方が少なくなっている現状があるからです。

家族葬は本当に心から故人を愛し、その死を悲しむ人だけの集まりとなることで、心行くまでお見送りが出来ることや、その空間が同じ愛の気持ちで満たされていることで、個人はもちろん、家族にとっても心の整理をつけやすく満足のいくお見送りとなります。こういった小規模での葬儀を希望する方が増えてきている近年、西宮でもその希望にそったプランを提案している葬儀会社が多くなりました。西宮は関西地区の中でも人気のエリアであり、多くの人が暮らしています。その西宮で、やはり人気のお葬式の形態が家族葬なのです。

人とのつながりを大切にしつつも、義理などにとらわれず儀式的なものは家族単位でアットホームで行いたいという考えが現代の風潮なのです。もちろん、大規模な葬儀にも対応していることもあり、お葬式に対する考え方の多様化によってそれに適応できるプランが続々と作られ、それぞれの希望に合う、オリジナルのお見送りが出来るようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です