葬儀にはいろいろな形式のものがあるので、ご遺族の意向にそったものを選ぶことができます。たとえば、西宮にはたくさんの葬儀会社がありますが、その会社によってそれぞれ特徴がある形式のものなどもあります。西宮以外のお葬式をするときにもいろいろな形式の葬儀のなかから選択して執り行います。西宮だけではなく、全国で選択して執り行っています。

葬儀で選択される形式は大体4種類です。直葬といって、亡くなった場所から直接火葬場へご遺体を運び入れて火葬をしてしまい、後日改めてお葬式を行うという形式は、社葬を行うときや遠方でお葬式を行うときに選ばれることが多いです。一日葬は、亡くなってから一日でお葬式を執り行う、ということではなく、何日後でもお通夜をせずにお葬式だけを一日で執り行う場合の形式のことです。友引や仏滅などの日は亡くなってから翌日などでもお葬式を執り行うことはできないので、一日葬を選択するご遺族もいます。

それから最近選ばれることが増えた形式が家族葬です。家族葬は、その言葉通りの形式です。家族や親しい人だけの数人、または数十人だけで執り行う形式で、お通夜、お葬式の両方を執り行うことができます。家族だけで故人をゆっくりとみおくることができるので、選ばれることが増えてきているといえます。

一般葬は、参列したことが多い人が一番いる形式です。家族だけではなく、故人と親しかった人や近所の方などにも故人をみおくってもらうことができるということで昔から選ばれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です