西宮で葬儀を執り行うときにはいろいろな形式のなかから選択することができます。葬儀会社は西宮にはたくさんあるので、相談して形式をご遺族の希望にそうようにすることが可能です。西宮以外の都道府県でも同じように形式を選択することができます。葬儀の形式は大体4つにわけることができます。

まず、直葬、一日葬、それから最近人気が高い家族葬、そして昔から執り行われてきた一般葬です。直葬という形式は、亡くなったところから直接そのまま火葬場へご遺体を運び入れて火葬をしてしまい、その後にお葬式を執り行うというものです。社葬を後日執り行うという場合や、遠方に家があるので先に火葬をしておくほうがいい場合などに選ばれることが多いです。一日葬というのは、故人が亡くなってから一日でお葬式などを執り行ってしまうということではなく、通夜などを執り行わずに一日でお葬式を終わらせてしまうという形式です。

通夜はせずに、お葬式のみ執り行うことになります。家族葬というのは先にも書いたように、家族、または親しい人だけで執り行う形式のもので、少人数から数十人程度で執り行うことが多いです。故人をゆっくりとみおくりたいというご遺族の方に選ばれることが多く、最近では一番執り行うことが多い形式だといえます。一般葬は一番よく執り行われる形式のお葬式だといえます。

参列したことがある、という人も多く、以前から選ばれることが多かった形式だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です