家族の中に、医師によって「延命措置をしますか」と問われるような人がいた場合、以前は「お葬式のことを調べるのは縁起が悪い」と言われたものですが、現在は、お葬式の事に詳しい第3者機関や葬儀社に事前相談をする事が多くなっています。お葬式を行う場合、まず大切な事は、どのくらいの人に参列してもらうか、お葬式の種類は一般葬か家族葬科一日葬か直葬火葬にするのかを決めておくことです。故人との別れを惜しむためにできるだけたくさんの人に参列してもらうようにするには、一般葬ですし、家族だけで十分なお別れがしたければ、家族葬、そして、通夜を行わない一日葬、通夜、葬儀告別式を行わないのならば、直葬火葬になります。さらに、お葬式は、葬儀社の手助けで行うわけですが、その葬儀社に支払う費用と宗教者に支払う費用、参列者の飲食費やお返しの費用と三種類の支払いがあり、広告されている費用は、葬祭会社に支払う費用のみです。

西宮市では、公営の満池谷斎場 があります。ここは、火葬場併設で便利ですが、その他の自社斎場を持った民営の葬祭会社も西宮には色々あります。寺院斎場も西宮にはあり、宗派を問わないところもありますし、駅近のところもあります。どのようなお葬式にするのか、最も大切な事はお葬式の担当者と気が合うかどうかです。

それには、前もって、事前相談をしておく事が一番、その葬祭か者のふんいきがわかるので、それるよって何処で、どのような形で行うかを決めればいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です