自然葬に対する思慕には「自然に還る」「土に還る」という自然信仰的な観念が根底にあるとされています。日本人にはこの意識が強く、埋葬方法の選択肢が増えた今では、自然葬を望む声が高まったのです。もちろん核家族化や少子化、孤独死などの背景もありますので、そればかりとは言えません。経済的な理由もあるでしょう。

しかしそこのあまり悲惨さがないのは、「自然信仰への想い」があることは否定できません。海への散骨には法律的な規制があまりなく、地域住民や漁業関係者とのトラブルを回避できるようなう海域であれば問題はないとされています。しかし「土に還る」ことを実践しようとするときには、法律との兼ね合いが重要です。死体遺棄税に関しては、しかるべき手順のもとに火葬された後であれば抵触する可能性は極めて低くなります。

しかし「墓埋法」があります。量刑は大変小さなものですが、反しているならば「なにもない」ことはありえません。土江の散骨は、墓地となっている場所で行われなくてはなりません。そのため土に骨を埋める現在の土葬スタイルや樹木の下に埋める樹木葬は、業者が管理している然る場所で行われます。

法的に問題なく自然葬を行うならば、しっかりした信頼できる業者に依頼することが必要不可欠なのです。埋葬される本人が生前に契約できるシステムも増えています。現地視察のツアーを設けているところも多いので、自分の目で確認することもできるようになってきています。市川で葬儀のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です