少子化も進んでおり将来お墓を守る人がいなくなる可能性や、高額な維持管理費の支払いなども大変であるため、お墓を持たない選択をする人たちが増えてきています。このとき自然葬を行えば、自分の好きな海や山などに散骨してもらう方法をとることができるので、お墓は必要なくなります。注意が必要なのは、地域によって散骨を禁止している場所があるということです。公共の場や観光地あるいは私有地などに勝手に散骨されると困るため、法律で禁止されているところも大変多く、前もって場所を探して決めておくことが大切です。

自然葬を行うことをサポートしている団体や業者もあり、問い合わせを行えば葬儀の行い方や準備しなければならないこと、散骨できる場所などを教えてもらうことができますし、実際に葬儀を行う際の段取りをしてくれるところもあります。自分だけで自然葬にすると決めていても、家族や親せきなどに知らせていなかったら意味が無いので、きちんと話して説明しておくことが大切ですし、業者への連絡先などもいつでも分かるようにしておくと良いです。散骨するまでは、一般的な葬儀と変わらずに行えますから、生前に葬儀社と打ち合わせを行い葬儀の内容を決めてしまっておけば、遺された人たちに迷惑を掛けずに済みます。すべて葬儀社に任せるときには信頼できるところに依頼しないと、適当に散骨されて終わりにされてしまうことがあるため、誠実な対応をしてくれるところにお願いをするべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です