自然葬とは、墓石などの人工的な墓標を使わない葬儀法のことです。海や山などに遺骨を返すことで、自然の循環の中に帰るという狙いがあります。狭く捉えると散骨と同じ意味になりますが、広い意味だと土葬・風葬・植樹葬など、自然に帰る葬儀法全般を指します。日本では、この自然葬を望む人が増えてきています。

その理由は、「自然に帰りたい」という思いだけでなく、少子化や核家族化などにより、今までのように墓を管理することが難しくなってきたことも挙げられます。しかし、実は日本の葬儀は散骨が主流でした。ですが、江戸時代中頃にキリシタンを取り締まるため寺檀制度が整備され、明治頃には「亡くなった後は墓に入る」という固定観念が出来上がっていました。また、1948年には「墓地・埋葬等に関する法律(墓埋法)」が制定され、墓地以外の場所に遺骨を埋葬することができなくなり、さらに刑法の「遺骨遺棄罪」の規定も影響して、長らく散骨は違法とされてきました。

しかし、1991年に「葬送の自由をすすめる会」がそれまでの社会通念を破り、第1回自然葬を行いました。その際、法務省は「節度を持って行うなら、遺骨遺棄罪にはならない」とし、厚生省(当時)も「墓埋法は土葬を対象にした法律であり、散骨は対象としていない」というように、追認するような見解を出しました。そして、現在ではかなり自然葬は浸透しており、日本消費者協会が行ったアンケートでは、6割弱が肯定的な回答をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です