みなさんは自分の死後のことや、自分の家の代々続くお墓のことを考えたことはあるでしょうか。結婚していて子供がいる方は子供に任せればいいと考えている方も多いかもしれませんが、最近は生前のうちに自分がどこで眠りたいか、どんなお墓のあり方を望むのかといったことを考え、自分で手配している方も多いです。お墓も決して安いものではないですし、遠方などにある場合や、後を守ってくれる子孫がいない場合は管理がとても大変になりますので、最近では自然葬という方法で葬ってほしいと望む方が増えています。自然葬とは文字どおり、自然に還っていく方法です。

樹木葬などが自然葬の中でも特に有名です。通常は焼いた遺骨は墓地などの墓石の中に埋葬されますが、樹木葬の場合は墓石を用いず、行政の許可を受けた里山や公園などの一区画に埋葬されます。宗教や家のしがらみから解き放たれて、静かにゆっくりと眠りたいという人には最適かもしれません。後継者がいなくても樹木葬はできますし、年間管理料も発生しないところも多くあります。

その他に、海や川などに散骨するというスタイルも人気を呼んでいます。一か所の場所でとどまり続けるよりも、水の流れに乗って世界を旅するという雄大さに惹かれる人が多く選ぶスタイルです。生前に散骨を希望する場所を選び、親族や知人に散骨をお願いしたり、それが無理な場合は散骨を代行してくれる業者も存在します。今の時代、死後のことも自分で選ぶことができますから、悔いのないように準備しておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です