お墓は先祖代々受け継がれ、さらに後世に継承していくものだと考えられていましたが、社会環境の変化から、お墓にこだわらない方が増えてきました。お墓の管理をするためには、定期的な掃除とメンテナンスが必要ですし、お世話になっている寺院には管理料を支払う必要があります。将来のことを考えて、お墓を維持していけるのかと考えたとき、現実的に難しいという場合があります。お墓を継承する人がいない場合や継承してもらう人に負担をかけたくないので、墓じまいを考える人が増えています。

墓じまいをしたり、墓を元々持っていない方から注目を集めているのが自然葬です。自然葬は、遺骨をお墓に納めるのではなく、自然に還そうという意味を込めて海や山などに散骨する葬送の方法です。遺骨をパウダー状に粉砕し、故人が好きだった海や山へ散骨する方法です。散骨した海や山に来れば、墓参りを同時に故人を近くに感じることができて安らげるという魅力があります。

海の場合は、迷惑をかけないように海岸から離れた場所で撒くことになっています。海や山での散骨以外に、樹木葬も自然葬の一種です。樹木葬は霊園やお寺が経営していることが多く、決められた場所に遺骨を納めてその上の好きな木を植えます。また木を植えなくても、すでに庭園のような造りになっている庭の下に遺骨を納める方法があります。

緑あふれる庭は、墓参りに訪れる場所だけでなく、遺族にとってやすらぎの場所にもなります。自然葬は一般的なお墓に埋葬する方法よりも、費用が抑えられることも魅力の1つです。市川で葬儀のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です